Skip to main content
Magazine about Aveeno history

アビーノ®の歴史

アビーノ®ブランドは、ラテン語でオーツ麦を意味する「Avena Sativa」からインスピレーションを得て創立されました。

1945年、アメリカでミュシャー兄弟が、オート麦の効果について研究を始めました。兄弟たちは、細かく粉砕したコロイド状のオートミールが肌を鎮静し、水分を保持するのに役立つことを発見しました。

やがて、コロイド状オートミールが湿疹治療に効果があることを発見し、アメリカで最も権威ある病院の一つ、メイヨー・クリニックと共同研究を行ってきました。これまでに50を超える臨床エビデンスが発表され、乾燥肌や炎症を起こした肌にコロイド状オートミールを含む処方がいかに効果的かを証明してきました。

oats-tout-image.jpg

自然由来成分「オーツ麦」の力

太古から、オーツ麦は人にパワーを与える穀物として重宝されてきました。ビタミンE、でんぷん質、タンパク質、アミノ酸、食物繊維など豊富な栄養成分がたっぷり含まれています。

古代ローマ時代から肌の保湿に使われてきたオーツ麦。肌本来のバリア機能を補い、 潤いを与え、肌のバランスを保ち、肌荒れやかさつきなどのトラブルを防ぎ、すこやかな素肌に導きます。

aveeno active naturals for woman's skin on back and body

皮膚科学研究を基づいて

アビーノ®は肌トラブルに悩む人たちのニーズに応えるべく、数千種類から厳選した自然由来成分を使用し、革新的な製品の開発に取り組んでいます。皮膚科学者が肌が敏感な人の使用協力のもと、肌へのやさしさを広範囲に検証しています。